Life Plan

ライフプランをご存知ですか?お金のこと、人生のこと、あなたは誰に相談しますか?

ライフプラン、4つの切り口

お金の悩みは人それぞれです。それぞれの悩みを解決するのに有効な手立てがライフプランです。
ライフプランのご相談で最も多く取り扱う4つのテーマ「生命保険」「住宅ローン」「教育資金」「家計の見直し」を紹介します。気になるテーマの「Answer」をクリックしてください。

生命保険・保険に入りたいが、どれが良いか分からない・いま入っている保険の内容がよく分からない Answer>>

生命保険とは?終身保険と定期保険の違いとは?保険でできる4つのこと(死亡したとき、介護や働けなくなったとき、3大疾病のとき、病気や怪我で入院したとき)を始めとして、保険に入られている場合は、あなたの保険が今どうなっているのか、現状をご説明します。

日頃お伝えしている話の一例ですが、奥さんに「旦那さんが亡くなった時いくら必要ですか?3千万ですか?5千万ですか?」と尋ねても、答えは「分からない。」
また、旦那さんに「ご自身が死亡した時ご家族にいくら残せばよいですか?3千万ですか?5千万ですか?」と尋ねても、お返事はやはり「分からない。」

ファイナンシャルプランナーも、その方の年収や生活環境が分からない状態では必要額を算出することは困難です。分からない者同士が保険を選ぶ、これはリスクも高くおかしな話ですね。必要な保障額を図る方法が「ライフプラン」です。

元気に長生きしたときに、どういうお金の流れになるのか?いくら必要になるのか?教育費、住宅ローン、退職金はどうなっているのか?など、保険だけでなく人生全体を通したお金の動きを「ライフプラン」を元に確認してゆきます。

住宅ローン・今の収入でいくら借りられるのか知りたい・返済は毎月いくらが適当か知りたい Answer>>

銀行が貸してくれる金額と、そのご家庭が今後安心して返していける額は違うということをまずはご理解いただきます。それは今後の収入・勤続年数・家族構成などによっても大きく変わってきます。

住宅ローンを組む前は、皆さん、金利やどこの銀行がいいかなど色々検討されるのですがローンを組んでしまった後は意外とそのままというご家庭が多いですね。

退職後までローンを残さない、可能であれば繰上げ返済プランを事前に立てていく、これらは、ローンを組むと同時に必要なことだと考えています。

繰り上げ返済だけでなく、例えば教育費がかかるタイミング、老後生活資金の準備など、それぞれ単独で考えるのではなくトータル的なバランスを取っていくことが必要です。

教育資金・将来、必要になる教育費を知りたい・子どもが生まれたので学資保険に入りたい Answer>>

まずは漠然と貯めていくのではなく、親御さんがお子さんに対してどこまでの進学費用を準備してあげたいかを確認することが大前提です。

そして、教育資金といえば、月々決まった額を積立していく方法が一般的ですが、無理な金額設定をすると、長期間に渡り毎月の生活費を圧迫することにもなりかねません。

例えば、マラソン選手もゴールまで常に同じペースで走りきるわけではありません。目標タイムに向けどこでスパートをかけるのか、時にはペースダウンするのかなど、スタート前に作戦を立てます。

教育資金の積立も同じように目標額に向けてペース配分を考え、貯蓄量を増やす時期、そうではない時期など作戦を練ることが大切です。また、最終目標額を決めず、月々の掛金で積立を考える方もいますが、これでは必要な額に達しないケースもありますので注意が必要です。

ペース配分を考える材料になるのが、ライフプランニングだと私は考えています。

家計の見直し・毎月の生活費に余裕がない・貯金もしたいけれど、どうしたらいい? Answer>>

普段の生活をやりくりしている中でもっと家計が楽になればいいのに、もっと貯蓄ができればいいのにと考える方は多いと思います。

そんな相談にこられる方に対して「何かを節約、我慢してください」という結果に終わることはあまりありません。もう既に月々の必要なものは管理されている場合が多いので見直しようがないんですね。

何かを節約する、我慢する方向ではなく、私は「使途不明金=埋蔵金」と呼んでいますが、家計の中から知らずとして支出になっているものを一緒に考えていきます。

内容はご家庭によって様々異なりますが、この金額をトータルすると結構な額になります。つまりこれが貯蓄可能額に変身するのです。

ライフプランの流れ

シミュレーションで人生全体を把握
なぜ、ライフプランを立てるのか?

ライフプランを作成しなくても、人は困らない。
ただ、将来に対するなんとなくの不安や今の家計のやりくりに対する疑問を解消しておくことで、より今後の人生を自分の選択で着実かつ大胆に楽しめるようになると確信しています。
例えば、「子どもが二人、大学に進学するこの数年間は支出が大きくなる」「そのための学資を積み立てていけばいいんだ!」など。

まずは将来のお金の流れをシミュレーションして、今後のお金に対するご自身や家族の考えを明確にしておくことが大事です。

シミュレーション作成の様子

コーチングスキルを用いて、
じっくり将来の話をする

「なぜ、子どもを大学に行かせたいのですか?」「貯めたお金で、どんなことをしたいですか?」「将来、これだけは叶えたいことは何ですか?」
このような質問を入り口に将来のお話をうかがいます。皆さんそれぞれに、やりたいこと叶えたいことが色々ある中で、優先順位を明確にしていきます。

「2番目3番目の夢が叶っても、1番目が叶わなければもったいない。」という考えのもと「いつ、実現(行動)するか?」ということも大切なポイントになります。
例えば、子どもとの家族旅行。いつかそのうちにと思っていたら子どもが大きくなり部活で忙しくなってしまった、なんてこともよく耳にします。

じっくり将来のお話を聞き、後悔しない人生のための「ライフプラン」を作成します。

クライアントさんとの対話の様子

「ライフプラン」をもとに、
「マネープラン」を立てる

ライフプランニングとコーチングを組み合わせることにより、ハード・ソフト両面からその方の人生に寄り添った「ライフプラン」「マネープラン」を提供しています。

また、ライフプランニングを商品として取り扱うファイナンシャルプランナーとして活動する中で、自身の金融業界での経験を活かし、常に変化している住宅ローンの金利情勢や銀行からの情報収集なども含め、最適な商品をご提示します。

最新の情報をご提供できるよう、自己研鑚に取り組んでおります。おかげさまで現在は年間約200件のライフプランのご相談をいただいています。

クライアントさんとの対話の様子

料金について

ライフプランニング作成費用:54,000円(税込み)

<おおまかな流れ>
1回目:ライフプランについての基礎知識。ご持参いただいた書類を元にヒアリングを行います。
2回目:データ分析をしたうえで、住宅ローン、教育費、保険、年金のコンサルティングを行います。

※必要に応じて3回目以降も実施いたします。
※作成したライフプランについて、追加のご相談は無料で承ります。

事例 ~ライフプラン・ストーリー~

実際にライフプランを導入したご夫婦をインタビューしました。
お金の悩みや課題にライフプランをどのように役立てているのか、2組のご家族のケースをご覧ください。

Story01 "家を建てる"が、家族の目標でした。

マイホームを建てるための住宅ローン、結婚当初に入ったきりの生命保険、子どもの学資保険、お金の悩みに応える「ライフプラン」とはどんなものでしょうか?

Story02 子どものためにいま出来ること

ライフプランで明らかになってきた「お金が足りなくなる原因」。そして、節約だけに終始せずに、ご夫婦が願う未来に向けた能動的なお金の使い方とは?